クイコ飯

kuikomeshi.exblog.jp
Top
京都旅行03-茶寮 宝泉
2011年 10月 13日 |
下鴨神社を抜けて北へ向かって住宅街を歩きます

どの路地も狭くて車もぎりぎり通れるか通れないかの道。

そんな中にひっそりとある甘味処

a0135743_22355477.jpg
茶寮 宝泉

こちらにお邪魔してきました^^

今回の旅行でここは絶対に行こうと思ってたお店です



a0135743_22392742.jpg
暖簾をくぐるとすぐ右側に日本庭園が見えます

店内入って靴を脱いで上がります

a0135743_22412436.jpg
立派なお部屋で、好きな席を選ばせてもらえます

席と席の間は広く空間がとってあって
どの席からも庭園が見られる様になってます

お客さんを詰め込まない様にしてるところがいいですね♪

a0135743_22444323.jpg
席について注文したら、お茶とお茶菓子を持ってきてくれました

冷茶の入った3つ足のころんとしたグラスが可愛い( ´艸`)

a0135743_22463891.jpg
お茶菓子のしぼり豆 丹波 黒大寿

豆菓子で有名なこちら。
一粒がとっても大きいです!

外側はサクっとしててほっくり甘い(´▽`)
上品なお味

a0135743_22493827.jpg
わらび餅 ¥950

これを食べに来たんです♪

注文すると、「15分ほどお時間頂きますがよろしいですか?」と聞かれます
作り置きが一切できないものだそうで、
注文されてから毎回作るそうです

笹の葉の上に大きめの丸いわらび餅が5粒に黒蜜が添えてあります

a0135743_22543139.jpg
色は緑色が入った黒色で、少し透明感があります

わらび餅というと、きな粉が掛かっていて、透明なものを思い浮かべますが、
あれのほとんどはわらび粉は少量で葛粉が使われてるもので、

本物のわらび餅というのは
山菜のわらびの根からとれるデンプンを練り上げたものだそうです

このわらび餅の材料は岐阜産のわらび粉と少量の砂糖だけ。

a0135743_2303926.jpg
箸で持ち上げると弾力としっかりとした重さ

口に入れるとふわっとわらびの青い香りがして
本当に山菜のわらびから出来てるんだ!って実感します

凄いのは食感で、
もちもちでぷるぷるでもにゅもにゅ・・・
どう言葉で表せば伝えられるのか解らない(´・ω・`;A)

口の中にまとわりつくような、
でもべたべたするわけじゃなくて、つるっとしてて。

顎が疲れるくらいの弾力です

黒蜜が付いてきますが、そのままで十分おいしいです

5粒全部食べると、5粒だけなのに食べた!って感じになりました


お店の情報調べてるときには、
わらび餅だけで¥950かぁ・・・お高いなと思ってたんですが

BGMも何もない風の音だけの静かな空間で日本庭園を眺めながら
ゆったり美味しいものを食べられるので、結構満足でした^^

店員さんの身のこなしや接客も丁寧で。

いいですね(ノ∀`*)

ご馳走様でした

茶寮 宝泉 HP
※小学生未満のお子様、静かに座っていられない方はご遠慮して頂くそうです

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログへ
ランキングに参加しています。ポチっとヨロシクお願いします☆
[PR]
by kuikomeshi | 2011-10-13 23:19 | 京都旅行 |
<< 京都旅行04-永観堂 PageTop 京都旅行02-下鴨神社 >>
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Frame L(2) Skin by Sun&Moon